おもちゃを大切にしてもらうための買い物術

おもちゃを買ってもらうのが当たり前じゃない

子どもは少しでも興味をひかれたものに対して貪欲です。自分の物にしたいという欲にかられ、すぐに「欲しい、買って」という風に親にねだります。おもちゃ屋で駄々をこねられたら周りの目が気になってつい買ってしまうという人もいますが、そうやって簡単に買ってしまうことによって子どもはおもちゃを大切にしなくなります。普段買ってもらえないけど特別な時に買ってもらえた方がおもちゃを大切に扱うようになるのです。

本当に必要なのかを考えさせる

子どもが欲しいとねだったもののほとんどは一時の感情です。その時の気分によっておもちゃを欲しているのです。つまりおもちゃを買ってあげても長年大切にするのではなくすぐに飽きてまた新しいおもちゃを求めるようになるのです。それを防ぐためにも、おもちゃをねだってきたらまず本当に欲しいものかを考えさせましょう。その場では買わず、数日経ってもどうしても欲しいものなのかを尋ねてみるのも良いでしょう。どんなに時間が経っても欲しいものであるという意思を貫くようであれば、買ってあげればきちんと大切に扱うでしょう。

我慢を覚えさせることも大切

なんでも買ってもらえると思わせるのは危険です。誕生日やクリスマスなどには欲しい物を買ってあげると良いのですが、なんでもない日常で欲しい物を買うというのは子どものためにはなりません。欲しいものでもきちんと我慢するということを覚えさせるのも大切です。今持っているおもちゃで遊ぶこと、なんでも欲しい物が手に入るわけではないということを覚えさせましょう。

子供たちが大好きな木のおもちゃのままごとは温かみのある木製の自然素材なので口に入れてもあんしんです。