七五三の晴れ着。お金がないときどうする?

お友達・親戚・ご近所さんに声をかける

子どもの着るもの。ましてや行事ごとのものであればその時しか着ないことも多いです。少し年上のお子さんをお持ちの方が周りにいれば、声をかけちゃいましょう。言いだしづらければ『子どもの七五三に着せるもので悩んでて・・』と相談してみるのも良いです。うちの子着たので良ければあるよ!と言ってもらえることもあります。他には地域紙などの【譲ってください】に申し込めば安価で手に入ることも。

晴れ着にこだわらず子どもが喜ぶ服装で

きちんとした儀式をされるのでなければ、晴れ着・スーツにこだわる必要はありません。思い切ってお子様の好きな格好をきいてみるのはいかがでしょう。普段着ているお気に入りのワンピースや、着てみたい服。なかには大好きなキャラクターのコスプレで!なんて人もいます。お子様の幸せな思い出が残るお祝いができれば着るものにこだわらなくてもいいんじゃないでしょうか。

やっぱりどうしても着物!

でもやっぱり1度は着物を着せたい!!という方は写真屋さんのレンタルがおすすめです。え?写真屋さんって高いよね?って思われがちですが、写真屋さんでお金がかかるのは撮影した写真をアルバムにしたり、いわゆる【購入】するときだけ。購入しなければ撮影料だけで神社へお参りの際の衣装レンタルも出来ます。着付けもヘアセットもしてもらえるのでかなりお得です。写真は参拝時に自身のカメラで撮りましょう。ただ写真屋さんによって料金が違ったり、購入しないなら別途お金がかかる場合もあるので利用前に必ず利用される写真屋さんに確認をしてください。

七五三とは女の子が3歳、7歳になったときに、男の子が5歳になったときにお祝いする日本の行事のことです。