意味を知ってお祝いしよう!七五三の基礎知識

「七五三」の由来は?

昔は衛生状態も良くなく産まれてまもなく亡くなる子供も多く、現在の戸籍にあたる人別帳などには産まれてから3年以上過ぎてから登録するほどでした。7歳までは神様からの預かりものという認識もあり「七つまでは神のうち」とも言われていました。子供が成長するのが難しい時代に、7歳まで成長できたことが何よりの喜びだったんですね。3歳から7歳までの幼児から少年期へ向かう成長の節目に、それまで無事に成長したことへの感謝とこれからの長寿を願い、その土地の神様である氏神様へお参りしたのが七五三のはじまりといわれています。

儀式としては、平安時代から宮中や公家の間で行われていた、3歳の男女の「髪置き」、5歳の男子の「袴着」、7歳の女子の「帯解き」が由来とされ、本来はそれぞれの儀式は別々の日に行われていました。一般には江戸時代の武家社会を中心に関東地方から全国各地へ広まり、現在の形になったのは明治時代といわれています。

子供が無事に育ったことへの感謝と健やかな成長を願う気持ちが、現在も受け継がれているんですね。

?

「七五三」は何歳で行う?

日本では古くから、奇数を陽数・偶数を陰数といい奇数は縁起が良い数という考えがありました。そのため神様からの預かりものである子供が3歳、5歳、7歳まで無事に成長した喜びをお祝いする意味もあり、昔は男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳の数え年で七五三を祝いました。現在は満年齢でお祝いする方も増えてきています。兄弟姉妹の年齢など家庭の事情などで、数え年でも満年齢でもどちらで祝っても問題はないようです。

七五三のレストランは、和風を中心としてメニューが数多く取り揃えられており、中にはスペシャルオーダーが可能な店舗もあります。